細胞の活性化を対応するプロポリス

プロポリスを飲んでいる人は皆さん口をそろえて「風邪にかかりにくくなった!」と言います。
元々健康に気を使っている人だからじゃないの?とか気のせいじゃないの?と思っていましたが、実は、プロポリスには「細胞を活性化する」という素晴らしい働きがあるんだそうです。
そのために風邪にひきにくい強い体作りに役立っているんだとか!

寒い季節になると毎年流行するインフルエンザ。予防接種を打つ・打たないの選択や学級閉鎖の話題は毎年のことで、型が変わって毎年襲来します。
しかし、免疫力が高い人は、インフルエンザにも非常にかかりにくいです。
普段のうがい手洗いをマメにしているか、ということよりも体がいかに強いかが重要なのです。

プロポリスは免疫機能を高めて、病原菌を寄せ付けない体づくりをする力があります。
免疫機能を高める=細胞を活性化することです。

プロポリスの中でも、アフリカの蜜蜂が集めるものにはアレクリンやユーカリと言った薬効を含んだ蜜があります。
広大で自然豊かなアマゾンはウイルスやバクテリアなどの外敵も多い環境です。
そのため、それらのものに打ち勝つ強い植物がたくさん自生しているのです。

このような植物から集められたプロポリスはとくに、免疫力を高めて、抗菌・抗腫瘍・抗ピロリ作用が強く働きます。
普段の健康づくりに役立てたい人にはもちろんですが、なんとがん患者の方にもプロポリスはおすすめなんだとか。
抗がん剤と併用してプロポリスを治療に取り入れているがん患者は、リンパ球の検査によると免疫細胞が増加しているのが確認されたそうです。

ウイルスに感染した細胞を破壊するナチュラルキラー細胞と呼ばれるもので、がん患者は通常この細胞の働きが弱くなっていますが、プロポリスを続けてナチュラルキラー細胞が正常に働くまでに達することで、がんの進行を防げるかもしれません。
細胞の活性化は私たちの体全身で嬉しい変化をもたらします。
疲れやすい臓器も、血管も、肌も、すべては細胞の集まりです。
取ってつけたような対策ではなく、細胞一つ一つを活性化させることで健康力を底上げします。
そのために何を始めたら良いのか分からないという人にこそプロポリスがおすすめなのです。