飲みやすいプロポリス

毎年寒くなると風邪の流行シーズンになります。日々のうがい手洗いはもちろん大切ですが、習慣として身についていないとついつい忘れがち。年中気を付けたいものです。
また、風邪をひきやすい人っていますが、生活習慣などから免疫力が弱っている可能性大です。
集団で行動することが多い子どもたちも、ウイルスをもらいやすい環境のためによく風邪をひきます。

大事なことは、日ごろから風邪に負けない体を作ること!
そのために役立てて頂きたいのが「プロポリス」です。
といっても、健康食品はこどもにとっては続けるのが難しいですよね?
そこで、子どもから大人まですべての人にとって飲みやすいプロポリスを探してみました!

・チュアブルタイプ
子どもが好きなラムネ菓子のように、水無しで噛んで飲めるチュアブルタイプのプロポリスは、味も食べやすくイチゴなどの風味を付けていることが多く、おやつのように食べられます。

・プロポリス入りハチミツ
パンに塗ったり、シリアルやヨーグルトに混ぜたり、ふつうのハチミツのように使えて便利です。

・小粒のサプリメント
子どもは薬を飲み込むのが苦手です。表面がツルッとコーティングしてあり、小粒のサプリメントだと、飲み込みやすくなり嫌がりません。
ちなみに、薬を飲む練習としてサプリメントでトレーニングさせるお母さんもいらっしゃるようで、一石二鳥!?

・キャンディータイプ
喉にグッとくるプロポリスは最初飲むときは驚きますよね。
1粒食べさせて嫌いではなさそうであれば、のど飴として与えてみてはいかがでしょうか?
おやつのキャンディーを食べるよりも健康的です!

大人が管理しておかないと、美味しいからといってついつい食べ過ぎることも。
摂取しすぎることで副作用などはありませんが、ちょっと高価ですし、糖分を多く摂りすぎることになります。

また、1歳以下の子どもには、ボツリヌス菌の関係でハチミツを与えるのはNGですが、プロポリスも気を付けた方が良いでしょう。
3,4歳の幼稚園や保育園に通う頃や、小学校に上がってからなどで充分です。
プロポリスを飲むとともに、風邪予防の習慣を身に着けさせたいですね!