プロポリスと相性抜群の成分

健康食品を取り入れるときに気を付けたいのが、それぞれの相性です。
栄養補助食品や健康食品は、目的やシーン、摂取する年齢層などを想定して作られます。
鉄分に特化したサプリメント、カルシウムを多く含む健康食品など、一つの栄養素をたくさん含んだ製品もさまざまあります。
「一日分の野菜が摂れる」などの表現が使われているのは良く見かけますね。

もし、いくつかの健康食品を組み合わせるときに、同じ成分がダブっていると過剰摂取になる場合があります。
尿が黄色くなった、お腹が緩くなった、などの変化がある可能性も。
同じ栄養ばかり摂って、他の栄養層が足りていないことに気が付かないケースも。せっかく健康食品にお金をかけているのに勿体ないですね。

併用する場合は、一緒に摂ることでメリットがある組み合わせを考えたいものです。
子どもからお年寄りまで幅広くおすすめのプロポリスも、組み合わせる相性を考えてみましょう。

プロポリスと一緒に摂ることをおすすめするのが「ビタミンC」です。
なぜかというとプロポリスにはビタミンCが含まれていないから。
だからビタミンCが豊富な蜂蜜、レモンなどとの組み合わせがベストなんです。

プロポリスといえば風邪予防のイメージが強いですが、先人たちの知恵と組み合わせてみると、もっと強い風邪対策なります。
乾燥しがちな体内とお肌に潤いを与えるみかん、冷えが気になる人におすすめの生姜、喉の痛みをクリアにするユーカリなど。

ユーカリはとくにプロポリスとも相性抜群で、のど飴やのどスプレーに一緒に入っていることも多いです。
コアラが食べているイメージがありますが、日本でも街路樹などになっています。
のどに優しい植物として知られており、おなじく喉に優しいプロポリスと組み合わせることで、
最高の組み合わせになります。

反対に、相性の悪い組み合わせは便秘になりやすい食べ物と一緒に摂ることです。
プロポリスが腸の中で硬くなり、排せつ物の元となるものが消化の悪いものだと便秘が進んでしまいます。
これらのことに気を付けながらプロポリスの取り入れ方を組み合わせていけば、自分に最適な健康食品との付き合い方が見えてくるはずです。
こちらのプロポリスの比較についても参考にご覧ください。